ゴルフフィッティングマガジン

ギアレビュー

G425 MAX ドライバーを筒康博が試打「ヘッドの存在感大」

GDOギア情報「クラブ試打 三者三様」

100人いれば100通りの答えがある――。注目の最新ゴルフクラブをヘッドスピードが異なる3人の有識者に試打評価してもらう当チャンネル。ミスショットも余すところなくお送りするノーカットが信条のリアル試打コーナー。スイングタイプで異なるレビュー内容、三者三様のインプレッションを基本展開とし、ゲスト試打者にも登場していただく。

ピン「G425 MAX ドライバー」2020/09/18
発売 3つのウエイト・ポジションが搭載された弾道調整機能がさらに進化。前作を超え、Gシリーズ史上最大値となった上下左右のMOIにより、どのポジションでもブレないヘッドで叩ける。極薄クラウン設計により、ブレない深低重心設計へと進化。インパクト時のリアルロフトが増え、高打ち出し&低スピンを実現。

ピン「G425 MAX ドライバー」の評価は!?

「G410」シリーズの大ヒットを受け、大きな注目のもと発売されたピン「G425」シリーズ。なかでも「G425 MAX ドライバー」は、同社史上最大の慣性モーメントを誇り、これまで推進してきた「飛んで曲がらない」コンセプトを、更に進化させたモデルとして登場した。そんな新時代の扉を開いた超話題作を、ヘッドスピード(以下HS)の異なる有識者3人が採点。変幻自在に球を操るクラブフィッター・筒康博は、どのような評価をくだすのか!?

「形状は好みではないけれど…」

G425 MAX ドライバーを筒康博が試打「ヘッドの存在感大」

―率直な印象は?
「正直、私はピンGシリーズのヘッド形状は独特で、それほど好みではないのですが、実際に打ってみると、印象はガラッと変わりました。ヘッドが暴れず、スイングで多少エラーしても芯を捉えてしまうミート率の高さは、高評価にせざるを得ないように感じました」

G425 MAX ドライバーを筒康博が試打「ヘッドの存在感大」 3つのポジションで調整できる高比重のタングステンウエイト

3つのポジションで調整できる高比重のタングステンウエイト

―ミート率が高い?
「そうですね。ヘッド性能の完成度の高さによって、インパクトの再現性がとても高いです。これでボールが曲がったとしても、自分のスイングでのミスと割り切れるほど、直進性は高いように感じます。ヘッド後方には、タングステンウエイトが付いていますが、インパクト時にお尻が落ちることなく、ロフト角も変わらずヒットできるため、やさしく曲がらずに飛ばせる印象しかありません」

G425 MAX ドライバーを筒康博が試打「ヘッドの存在感大」 日本/アジア限定のしなり系高弾道シャフト「ALTA J CB SLATE」

日本/アジア限定のしなり系高弾道シャフト「ALTA J CB SLATE」

―ズバリ飛距離性能は?
「純正シャフト(ALTA J CB SLATE)が、前作よりもしなやかさが増しており、手元がしっかりしている割にヘッド重量を感じず、スパンと振り抜けるので、飛距離は十分そこで担保できるように思います。HS40m/s前後であれば、まずは純正シャフトの硬さSとSRを打ち比べ、どのくらい振り切れるかを確かめてから、カスタムを含めて検討するべきではないでしょうか」

G425 MAX ドライバーを筒康博が試打「ヘッドの存在感大」 タービュレーターの凹凸はG410よりややマイルドに

タービュレーターの凹凸はG410よりややマイルドに

―ヘッド単体では飛距離性能△?
「ウーン…。慣性モーメントが最大ということで、ヘッドの存在感はやはり大きく、自分でヘッドを操作したり、ヘッド軌道を自ら作りたい人には、マイナスとなってしまう部分はあります。ですが、私のように重心を感じながら、ヘッドの動きに任せて振っていく人には、すごく奥行きを感じつつ、長いインパクトゾーンで振っていけるので、6~7割の力でも楽に飛ばすことができます」

G425 MAX ドライバーを筒康博が試打「ヘッドの存在感大」 アーコスセンサー搭載グリップを標準装着

アーコスセンサー搭載グリップを標準装着

―「G410 PLUS ドライバー」と比べてどう?
「本来は比べてはいけない2モデルですが、メインモデルとして比較すると、正直『G410 PLUS』のほうが、操作性を必要とする部分は大きいです。特に、コースで実戦で打ってみると、コントロール次第ではスピン量が多めに入り、高さが予想以上に出てしまうケースが起こります。その点『G425 MAX』は、『G400 MAX』のようにオートマチック感が強く、実戦でのブレは少ない。『G410 PLUS』と『G400 MAX』のいいとこ取りをしているような印象を受けました」

G425 MAX ドライバーを筒康博が試打「ヘッドの存在感大」 「サイドスピンが少ない」と直進性の高さを評価した筒

「サイドスピンが少ない」と直進性の高さを評価した筒

―どのような人向き?
「正直に言うと、前作『G410』シリーズの完成度が高かったので、買い替えたいと思っている人は少ないでしょう。『G425』は過去モデルどうこうと言うよりも、高慣性モーメントを含め、画期的で斬新な設計。現代ドライバーの最先端を走っていることは間違いないので、最新モデルのヘッド設計を把握する意味でも、候補のひとつには必ず入れて、試打を行うべきだと思います」

飛距離・打感・寛容性で4.5点【総合評価4.3点】

G425 MAX ドライバーを筒康博が試打「ヘッドの存在感大」

【飛距離】4.5
【打 感】4.5
【寛容性】4.5
【操作性】4.0
【構えやすさ】4.0

・ロフト角:10.5度
・シャフト:ALTA J CB SLATE(硬さS)
・使用ボール:市川サンライズゴルフセンター専用レンジボール

取材協力/トラックマンジャパン株式会社、市川サンライズゴルフセンター

記事特別提供/GDOギア情報「クラブ試打 三者三様」

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
筒 康博

筒 康博

FITTING編集長

プロアマ・男女問わず、8万人以上のゴルファーにアドバイスを経験。GDO「クラブ試打・三者三様」、日刊スポーツWEBコラム「ゴルフ体験主義」、ALBA誌「新・ギア総研」など各種ゴルフメディア等で数多く連載&露出。インドアゴルフレンジKz亀戸店ヘッドティーチャー。「FITTING」編集長。

  1. 新『TSR』ドライバーで完全優勝!「ジョンディアクラシック」を制したJ.T.ポストンのクラブセッティング

  2. しなやかな振り心地を追求した フラッグシップブランド Diamana™の最新モデル『Diamana GT』シリーズ【9月上旬発売決定】

  3. シャンクを防ぐネックの形状と大きめフェイスの安心感で、やさしくピンに寄る機能的ウェッジ。「 MAJESTY W-MOMENT WEDGE for Ladies」レディスモデルが登場 【7/22発売予定】

ARCHIVE

RECOMMEND

CATEGORY

RELATED

PAGE TOP