ゴルフフィッティングマガジン

ギアレビュー

G425 LST ドライバーを筒康博が試打「前作LSTよりぶっ飛ぶ」

GDOギア情報「クラブ試打 三者三様」

100人いれば100通りの答えがある――。注目の最新ゴルフクラブをヘッドスピードが異なる3人の有識者に試打評価してもらう当チャンネル。ミスショットも余すところなくお送りするノーカットが信条のリアル試打コーナー。スイングタイプで異なるレビュー内容、三者三様のインプレッションを基本展開とし、ゲスト試打者にも登場していただく。

ピン「G425 LST ドライバー」2020/09/18発売
前作よりスピン量が約200回転減少した(ピンゴルフ社調べ)低スピン設計で強弾道を生み出す445ccのシャープなヘッド。3つのウエイト・ポジションが搭載された弾道調整機能がさらに進化。上下左右のMOIが、LST史上最高となり、ブレないから、叩ける。

ピン「G425 LST ドライバー」の評価は!?

慣性モーメントの最大化を図ったピン「G425 MAX ドライバー」の兄弟モデルとして、よりロースピンで飛ばしたいプレーヤーに向けて発売された「G425 LST ドライバー」。前作「G410 LST ドライバー」の450ccより小ぶりな445ccのヘッドを、ヘッドスピード(以下HS)の異なる有識者3人が採点。変幻自在に球を操るクラブフィッター・筒康博は、どのような評価をくだすのか!?

「文句をつけられない高い性能」

G425 LST ドライバーを筒康博が試打「前作LSTよりぶっ飛ぶ」

―率直な印象は?
【評価】点数はオール4.5点で、高評価でした。これほど完成度の高いヘッドに、文句をつけようがないと思えるほど、高性能に感じました」

G425 LST ドライバーを筒康博が試打「前作LSTよりぶっ飛ぶ」 つや消しのマットブラックを採用したソールデザイン

つや消しのマットブラックを採用したソールデザイン

―具体的にはどのような部分が?
「ヘッドの据わりが良く、大型過ぎない適度な投影面積と厚みに、安心感もシャープさも感じるシルエット。Gシリーズの特徴とも言える“飛んで曲がらない”寛容性をしっかり担保しながら、打ち出し角もスピン量も抑えてくれる。思った通りの弾道が出せるという点で、納得の評価となりました」

G425 LST ドライバーを筒康博が試打「前作LSTよりぶっ飛ぶ」 MAXより重心を約10%フェース寄りに配置した設計に

MAXより重心を約10%フェース寄りに配置した設計に

―思った通りの弾道というのは?
「LSTらしい、高さを抑えた強い弾道のことです。正直、前作G410シリーズでは、『G410 LST』とスタンダードモデル『G410 PLUS ドライバー』との弾道の差を、あまり感じることができませんでした。今回のG425シリーズでは、『G425 MAX』はヘッドの存在感が強い分寛容性が顕著で、『G425 LST』は“よりLSTらしい”と言いますか、違いが明確化したことで、シリーズ内で選びやすくなった印象を受けます」

G425 LST ドライバーを筒康博が試打「前作LSTよりぶっ飛ぶ」 タービュレーターの凹凸ラインは前作より少なくなった

タービュレーターの凹凸ラインは前作より少なくなった

―前作との違いを一つ挙げるとしたら?
「一番の違いは、『G425 LST』には、ぶっ飛び性能が加わったという点です。一発の飛び性能は、『G410 LST』に比べ、明確に高まった印象。芯をとらえた時の初速感がとても強く、試打中も飛ばせている実感がすごく湧いてきました」

G425 LST ドライバーを筒康博が試打「前作LSTよりぶっ飛ぶ」 ヘッド体積5ccの違いがどのように影響するのか?

ヘッド体積5ccの違いがどのように影響するのか?

―シビアな印象はない?
「一発の飛びがある半面、『G410 LST』と比べ、寛容性が落ちたように感じる人もいるかもしれません。理由は、すごく飛んでいる球筋を基準に考えてしまうから。飛距離にバラつきがあることで、難しいと感じてしまう。平均点はそのままで、スピンも打ち出し角も抑えているのが、今回の『G425 LST』の特徴なので、前作とはそもそも選び方が違うように感じます」

G425 LST ドライバーを筒康博が試打「前作LSTよりぶっ飛ぶ」 初速の速さに思わず「エグい」と表現した筒

初速の速さに思わず「エグい」と表現した筒

―どのような人向き?
「ここぞという時の一発の飛びも期待できますし、曲げたくないという時の直進性も備えています。飛距離も寛容性も、どちらも欲しいという欲張りなゴルファー向き。また、G400シリーズ以前の『LST』を使っている人には、『G410 LST』ではなく、LST要素の強い『G425 LST』をオススメします」

オール4.5点!【総合評価4.5点】

G425 LST ドライバーを筒康博が試打「前作LSTよりぶっ飛ぶ」

【飛距離】4.5
【打 感】4.5
【寛容性】4.5
【操作性】4.5
【構えやすさ】4.5

・ロフト角:10.5度
・シャフト:ALTA J CB SLATE(硬さS)
・使用ボール:市川サンライズゴルフセンター専用レンジボール

取材協力/トラックマンジャパン株式会社、市川サンライズゴルフセンター

記事特別提供/GDOギア情報「クラブ試打 三者三様」

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
筒 康博

筒 康博

FITTING編集長

プロアマ・男女問わず、8万人以上のゴルファーにアドバイスを経験。GDO「クラブ試打・三者三様」、日刊スポーツWEBコラム「ゴルフ体験主義」、ALBA誌「新・ギア総研」など各種ゴルフメディア等で数多く連載&露出。インドアゴルフレンジKz亀戸店ヘッドティーチャー。「FITTING」編集長。

  1. GOLFZONアンバサダー契約・堀川 未来夢プロ 国内男子ツアー「日本プロゴルフ選手権」で優勝

  2. ゴルフシューズの常識を打ち破った異次元スパイクレス「コードカオス」が、 さらに破壊的に高い革新性とともにフルモデルチェンジ 「コードカオス22」登場

  3. (株)TSI ALL GOLF BRAND サステナブル展示会 MAGGY さん がエッジの効いた再生ポリエステルのゴルフウェアで登場!「ゴルフは奥深くて、一生続けられるスポーツ」 鈴木啓太さん「100 歳になってもゴルフを楽しめる元気な人を増やしたい!」企業のミッションとサステナブルへの意識を語る

ARCHIVE

RECOMMEND

CATEGORY

RELATED

PAGE TOP