ゴルフフィッティングマガジン

ギアレビュー

ソナテック TD2 ドライバーを筒康博が試打「飛びと打感の両立」

GDOギア情報「クラブ試打 三者三様」

100人いれば100通りの答えがある――。注目の最新ゴルフクラブをヘッドスピードが異なる3人の有識者に試打評価してもらう当チャンネル。ミスショットも余すところなくお送りするノーカットが信条のリアル試打コーナー。スイングタイプで異なるレビュー内容、三者三様のインプレッションを基本展開とし、ゲスト試打者にも登場していただく。

ソナテック【TD2 ドライバー】 発売日:2021/04
2000年代初めにロイヤルコレクションの米国向けブランドとして人気を博した「ソナテック」。パーツ専用ブランドとしてギア通を唸らせるカスタムモデルを展開し、ことし発売された「TD2 ドライバー」は、大型ヘッドにもかかわらず振りやすさが抜群と話題に。

ソナテック「TD2 ドライバー」の評価は!?

2000年代初めにロイヤルコレクションの米国向けブランドとして人気を博した「ソナテック」。パーツ専用ブランドとして継続しながら、数多くのカスタムモデルを展開してきた。なかでもことし発売された「TD2 ドライバー」は、大型ヘッドにもかかわらず振りやすさが他モデルと違って抜群と評判に。そんな知る人ぞ知る隠れた名器を、ヘッドスピード(以下HS)の異なる有識者3人が採点。変幻自在に球を操るクラブフィッター・筒康博の評価は?

「フィーリングは『TSi』並みの最高レベル」

ソナテック TD2 ドライバーを筒康博が試打「飛びと打感の両立」 やや右に出ているものの強弾道で飛距離は平均250yd超え

やや右に出ているものの強弾道で飛距離は平均250yd超え

―率直な印象は?
「打音がとても弾き感のある、心地いい中高音がします。手に伝わる感触は、弾いている感覚の中にも、ボールにギュッとくっついている感じが残ります。タイトリスト『TSi』シリーズのやわらかさとは違うのですが、すごく高級なフェース素材を使っている打感。飛びを感じるけれど、打感も最高にいいドライバーです」

ソナテック TD2 ドライバーを筒康博が試打「飛びと打感の両立」 「SP700」という高性能チタンを採用して強度と反発係数をアップ

「SP700」という高性能チタンを採用して強度と反発係数をアップ

―「TSi」シリーズに近い?
「『TSi』はやわらかいのに初速が出るモデルで、『ソナテック TD2』は弾いているのに硬くない。弾き感はすごくあるのですが、硬いという感じは全くありません。純正シャフト『FIVEX』のおかげもあると思うのですが、振り心地がとてもいい印象を受けます」

ソナテック TD2 ドライバーを筒康博が試打「飛びと打感の両立」 ツアーADシリーズにも使用されている素材「トレカ T1100G」

ツアーADシリーズにも使用されている素材「トレカ T1100G」

―シャフトがどのように良かった?
「軽量で当たり負けもしないシッカリ感はあるのですが、カチカチした嫌な硬さがない。『トレカ T1100G』と記してありますが、とても優秀なシートを使っているのは振っていて感じられます。またしなりの谷間が派手ではなく、先端から手元までしなりの波が緩やかで、少しずつ大きくなっていく感覚。グラファイトデザイン製ということで、クセの無さで評判の高かった『G』シリーズに近いシャフトだと思いました」

ソナテック TD2 ドライバーを筒康博が試打「飛びと打感の両立」 460ccながらナチュラルにフェースターンしやすい構造

460ccながらナチュラルにフェースターンしやすい構造

―シャフトを含めクラブとしての完成度は高い?
「そうですね、完成度はとても高いです。『ソナテック』を地クラブと呼ぶのか大手メーカーと呼ぶかは、人それぞれでいいと思うのですが、実は最近のパーツメーカーのヘッドはフックフェースが多く、これほどストレートでスッキリしたデザインは珍しいです。カチャカチャ機能も備わっているモデルとして見れば、ダンロップ(住友ゴム工業)の『スリクソン ZX』シリーズのような、全体のバランスの良さを感じます」

ソナテック TD2 ドライバーを筒康博が試打「飛びと打感の両立」 シャローバックだがそれほど大型に見える形状ではない

シャローバックだがそれほど大型に見える形状ではない

―ヘッド単体は「ZX」に近い?
「ヘッド単体で見れば、『ZX』よりも重心が深く安定感があるように思います。ただ、重心角が決して大きいヘッドではないので、ピン『G425 MAX ドライバー』やタイトリスト『TSi2 ドライバー』とも違う。近しいモデルを挙げるなら、キャロウェイ『エピック MAX LS ドライバー』。それほど深い重心設定ではないので、初速が出て飛距離性能が高い。パーツブランドとして見た場合、大手メーカーの売れている要素を注入した、珍しいヘッドと言えます」

ソナテック TD2 ドライバーを筒康博が試打「飛びと打感の両立」 「重心角が大きくフェースが真上を向くタイプではない」と手に乗せて解説する筒

「重心角が大きくフェースが真上を向くタイプではない」と手に乗せて解説する筒

―どのような人向き?
「他人と違う目新しいブランドを使いたい人向き。またシャフト選びに悩み、どのモデルでどのヘッドと合わせていいか分からないという人。振りやすくてクセがなく、コシのあるシャフトを使いたいけれど、どれを選べば良いか分からないという人に、ヘッドと合わせて一度は試してほしいドライバーです」

打感は納得の5点満点【総合評価4.4点】

ソナテック TD2 ドライバーを筒康博が試打「飛びと打感の両立」

【飛距離】4.5
【打 感】5.0
【寛容性】4.0
【操作性】4.5
【構えやすさ】4.0

・ロフト角:10.5度
・シャフト:FIVEX W47(硬さR相当)、W49(硬さSR相当)
・使用ボール:市川サンライズゴルフセンター専用レンジボール

取材協力/トラックマンジャパン株式会社、ENEOS市川サンライズゴルフセンター

記事特別提供/GDOギア情報「クラブ試打 三者三様」

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
筒 康博

筒 康博

FITTING編集長

プロアマ・男女問わず、8万人以上のゴルファーにアドバイスを経験。GDO「クラブ試打・三者三様」、日刊スポーツWEBコラム「ゴルフ体験主義」、ALBA誌「新・ギア総研」など各種ゴルフメディア等で数多く連載&露出。インドアゴルフレンジKz亀戸店ヘッドティーチャー。「FITTING」編集長。

  1. 新『TSR』ドライバーで完全優勝!「ジョンディアクラシック」を制したJ.T.ポストンのクラブセッティング

  2. しなやかな振り心地を追求した フラッグシップブランド Diamana™の最新モデル『Diamana GT』シリーズ【9月上旬発売決定】

  3. シャンクを防ぐネックの形状と大きめフェイスの安心感で、やさしくピンに寄る機能的ウェッジ。「 MAJESTY W-MOMENT WEDGE for Ladies」レディスモデルが登場 【7/22発売予定】

ARCHIVE

RECOMMEND

CATEGORY

RELATED

PAGE TOP