ゴルフフィッティングマガジン

ギアレビュー

エピック MAX FAST アイアンを筒康博が試打「頼りなくない」

GDOギア情報「クラブ試打 三者三様」

100人いれば100通りの答えがある――。注目の最新ゴルフクラブをヘッドスピードが異なる3人の有識者に試打評価してもらう当チャンネル。ミスショットも余すところなくお送りするノーカットが信条のリアル試打コーナー。スイングタイプで異なるレビュー内容、三者三様のインプレッションを基本展開とし、ゲスト試打者にも登場していただく。

キャロウェイ【エピック MAX FAST アイアン】 発売日:2021/08/12
「エピック MAX FAST アイアン」は、優れた飛距離性能とやさしさに、軽量化による振り抜きやすさも加えられたモデル。ヘッドサイズは大型で、中空構造を採用し、フェースがたわみやすいことで高いボールスピードを実現しつつ、ミスヒットにも強さを発揮する。

キャロウェイ「エピック MAX FAST アイアン」の評価は!?

2月発売のキャロウェイ「エピック」シリーズに、新たに加わった「MAX FAST」シリーズ。軽量化を追求したボディで、振り抜きやすさと飛距離を生み出すという。そんな新たな価値観を提唱する同シリーズから、今回は中空構造「エピック MAX FAST アイアン」を、ヘッドスピード(以下HS)の異なる有識者3人が採点。変幻自在に球を操るクラブフィッター・筒康博の評価は?

「軽量グリップが気になるけれど」

エピック MAX FAST アイアンを筒康博が試打「頼りなくない」 やや右には出ているもののイメージ通りの高さに出ていた

やや右には出ているもののイメージ通りの高さに出ていた

―率直な印象は?
「見た目と打った印象に良いギャップがあり、とても面白いアイアンだと思いました。いわゆる軽量クラブのカテゴリーに入りますが、クラブの完成度が高く、カスタムオーダーで作ったような繊細さがあります。総重量がやや軽いので、すぐに買い替えたくなるスペックではないのですが…」

エピック MAX FAST アイアンを筒康博が試打「頼りなくない」 軽量ヘッドでありながら7Iで約55gのタングステンを搭載

軽量ヘッドでありながら7Iで約55gのタングステンを搭載

―総重量(7I硬さRで約336g)は軽すぎる?
「確かに軽さはありますが、軽くて速く振れるだけではないことを、もっと強く言いたいです。CMを見ると“軽い”というキーワードが強く残り、軽さばかりに注目されがちですが、実はヘッド性能の高さは予想以上に秀逸。サイズ感は大きく見えず、オフセットも抑えめで、バックフェースはボテッとした構造でもないのに、打ってみると高さが出てぶっ飛ぶ。初速スピードを高める性能が、全て上方向に表現できている点は、もっと着目するべきポイントだと思います」

エピック MAX FAST アイアンを筒康博が試打「頼りなくない」 純正カーボンはフレックスRのみ スチールはSのみ

純正カーボンはフレックスRのみ スチールはSのみ

―硬さRのシャフトが合わないだけ?
「合わないというよりは、単純にいま使っているクラブスペックよりも総重量が軽すぎる点と、軽量グリップ(ゴルフプライド TOUR 25 ブラック:約30g)が好みではないというだけの話です。決してヘッドが効いていないわけではなく、とにかくビュンビュン動くという感じでもない。ヘッドもシャフトも存在感はあるので、“軽い=シニア向け”というイメージは全く持たなくていい気がします」

エピック MAX FAST アイアンを筒康博が試打「頼りなくない」 バックラインなし、シャフト装着で約30g、口径60(5720096)

バックラインなし、シャフト装着で約30g、口径60(5720096)

―頼りなさはない?
「手元の重量感という点では頼りなさはあります。ただ、ヘッド自体が軽いとか弾道が弱々しいという頼りなさはありません。ヘッドもシャフトも存在感はあり、インパクトの強さと弾き感は十分。中空構造特有の甲高い打音や硬い打感もなく、前作の『エピック フォージド スター アイアン』と比べると、確実に完成度は上がっています」

エピック MAX FAST アイアンを筒康博が試打「頼りなくない」 ウレタン・マイクロスフィアを搭載して無駄な振動を吸収

ウレタン・マイクロスフィアを搭載して無駄な振動を吸収

―コースでは高さで攻める感じ?
「そうですね。現在のPGA選手のアイアンの弾道は、スピン量で上がってフワっと落ちるというよりも、打ち出しから最高到達点に向かってぐんぐん伸び、落下角度でグリーンに止めるショットが主流です。当然アマチュアの我々では打てない弾道ですが、それと似た弾道を生んでくれます。シャフトをカスタムして調整すれば、HSに関係なく扱えるゴルファーは多いと思います」

エピック MAX FAST アイアンを筒康博が試打「頼りなくない」 「ヘッドの凄さを多くの人に体感してほしい」と筒

「ヘッドの凄さを多くの人に体感してほしい」と筒

―どのような人向き?
「これからゴルフを始める初級者でもいいですし、見た目の精悍さと+1番手の飛びを求めるゴルファーであれば、年齢を問わず対象となり得ます。いまや60代以上でも、若い世代とゴルフマインドやクラブに対する考え方は変わりません。唯一足りないのはスピードだと思うので、クラブ総重量をやや軽くして補うべき。また、クラブが長すぎない設定(7Iで37.5インチ)なので、身長160cm以上であれば、女性の方でもウィメンズではなくメンズの硬さRでチャレンジして良いと思います」

アイアンで飛距離5点満点◎【総合評価4.3点】

エピック MAX FAST アイアンを筒康博が試打「頼りなくない」

【飛距離】5.0
【打 感】4.5
【寛容性】4.5
【操作性】3.5
【構えやすさ】4.0

・ロフト角:26度(7I)
・シャフト:スピーダー エボリューション for Callaway(硬さR)
・使用ボール:川口グリーンゴルフ専用レンジボール

取材協力/トラックマンジャパン株式会社、川口グリーンゴルフ

記事特別提供/GDOギア情報「クラブ試打 三者三様」

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
筒 康博

筒 康博

FITTING編集長

プロアマ・男女問わず、8万人以上のゴルファーにアドバイスを経験。GDO「クラブ試打・三者三様」、日刊スポーツWEBコラム「ゴルフ体験主義」、ALBA誌「新・ギア総研」など各種ゴルフメディア等で数多く連載&露出。インドアゴルフレンジKz亀戸店ヘッドティーチャー。「FITTING」編集長。

  1. GOLFZONアンバサダー契約・堀川 未来夢プロ 国内男子ツアー「日本プロゴルフ選手権」で優勝

  2. ゴルフシューズの常識を打ち破った異次元スパイクレス「コードカオス」が、 さらに破壊的に高い革新性とともにフルモデルチェンジ 「コードカオス22」登場

  3. (株)TSI ALL GOLF BRAND サステナブル展示会 MAGGY さん がエッジの効いた再生ポリエステルのゴルフウェアで登場!「ゴルフは奥深くて、一生続けられるスポーツ」 鈴木啓太さん「100 歳になってもゴルフを楽しめる元気な人を増やしたい!」企業のミッションとサステナブルへの意識を語る

ARCHIVE

RECOMMEND

CATEGORY

RELATED

PAGE TOP