ゴルフフィッティングマガジン

ギアレビュー

エピック MAX FAST ドライバーを筒康博が試打「ターゲットはアイアンより狭め」

GDOギア情報「クラブ試打 三者三様」

100人いれば100通りの答えがある――。
注目の最新ゴルフクラブをヘッドスピードが異なる3人の有識者に試打評価してもらう当チャンネル。ミスショットも余すところなくお送りするノーカットが信条のリアル試打コーナー。スイングタイプで異なるレビュー内容、三者三様のインプレッションを基本展開とし、ゲスト試打者にも登場していただく。

キャロウェイ【エピック MAX FAST ドライバー】 発売日:2021/08/12
ドローバイアスでつかまりが良く、ボールも上がりやすいエピック MAXドライバーのヘッドを元に、より軽量に開発されたモデル。「エピック MAX ドライバー」で採用されているアジャスタブルホーゼルを搭載せず、接着型ホーゼルにしたことなども加わり、ヘッド重量は約185g。シャフトやグリップもとても軽量なタイプを採用し、振り切りやすいドライバーに仕上がっている。

キャロウェイ「エピック MAX FAST ドライバー」の評価は!?

その速さが、飛距離を生む”のフレーズで注目を集めるキャロウェイ「エピック MAX FAST」シリーズ。アイアン試打に続き、今回はドライバーをピックアップ。振り抜きの良さでスピードを生む「エピック MAX FAST ドライバー」を、ヘッドスピード(以下HS)の異なる有識者3人が採点。変幻自在に球を操るクラブフィッター・筒康博の評価は?

「たぶん10年前ではつくれなかった性能」

エピック MAX FAST ドライバーを筒康博が試打「ターゲットはアイアンより狭め」 ほぼストレート弾道の強い球筋が出ていた

ほぼストレート弾道の強い球筋が出ていた

―率直な印象は?
「最軽量クラスのドライバーにも関わらず、ちゃんと『エピック』シリーズの要素を取り入れている点で、面白いモデルだなと感じました。通常は軽さを求めてしまうと、どこかでマイナス点が表れてしまうものですが、そのあたりがしっかり解消され、納得できる性能に仕上がっています」

エピック MAX FAST ドライバーを筒康博が試打「ターゲットはアイアンより狭め」 「エピック MAX ドライバー」をベースに開発された軽量モデルという位置づけ

「エピック MAX ドライバー」をベースに開発された軽量モデルという位置づけ

―マイナス点が表れていない…?
「はい。軽量化を図ると、どうしてもソールした際にフェースがコロンと左を向いてしまう構造になりがちなのですが、このドライバーはそういうことがありません。重心距離をそれほど長くせず、ヘッドターンしやすいタイプに仕上げたことで、スライスを補正しながら、フックが出すぎる強いバイアスもかかっていない。軽さを求めてクラブを購入した人に、それ以外の不必要な要素を提供しない点がしっかり考慮されていると思います」

エピック MAX FAST ドライバーを筒康博が試打「ターゲットはアイアンより狭め」 12gのウエイトで調整可能なペリメーター・ウエイトを搭載

12gのウエイトで調整可能なペリメーター・ウエイトを搭載

―低スピン性能はやや抑えめ?
「スピン量が多い少ないということよりも、ある程度しっかり打ち出し角を出しつつ、ボール初速がちゃんと距離に反映できるように、あえて必要以上のスピンが入らないようにしてある印象です。ものすごく低スピンに仕上げているわけではなく、フェースの上側でミスヒットしても、十分な高さが出るように寛容性を考えて構成されています」

エピック MAX FAST ドライバーを筒康博が試打「ターゲットはアイアンより狭め」 ミスへの許容範囲が広がり「フェース上側でも飛ぶ」と筒

ミスへの許容範囲が広がり「フェース上側でも飛ぶ」と筒

―アベレージゴルファーが使える仕様?
「そうですね。HSが上がるから飛ぶというと、短絡的に聞こえてしまうかもしれませんが、しっかり寛容性を高める工夫が施されている点では、HS40m/s前後のアベレージゴルファーでも納得できる仕様と言えます。たぶん、これを10年前につくろうとしても難しかったでしょう。ただ、『エピック MAX FAST アイアン』と比べると、ややストライクゾーンは狭いような気はします」

エピック MAX FAST ドライバーを筒康博が試打「ターゲットはアイアンより狭め」 「スピーダー エボリューション for Callaway」は硬さSでも約45gと軽い設定

「スピーダー エボリューション for Callaway」は硬さSでも約45gと軽い設定

―アイアンよりもターゲットが絞られる?
「スペック的にやや絞られるという意味です。アイアンは純正シャフトのバリエーションが、カーボン『スピーダー エボリューション』と軽量スチール『NSプロ Zelos 7』『NSプロ 950GH neo』でラインアップされていますが、ドライバーはカーボン一択。『エピック MAX ドライバー』を使っている人が『MAX FAST』のアイアンを使うことはあっても、『MAX FAST ドライバー』を使っている人が他のアイアンシリーズを使うのはやや厳しいということです」

エピック MAX FAST ドライバーを筒康博が試打「ターゲットはアイアンより狭め」 「軽量化と性能の維持のギリギリを攻めている点は面白い」と筒

「軽量化と性能の維持のギリギリを攻めている点は面白い」と筒

―どのような人向き?
「夏場のラウンドで18ホールの後半が少しんどいと感じている人や、昼食を食べたあとにダフリのミスが多くなってしまう人、以前よりも飛距離が落ちて体力の衰えを感じてきた人に向いているドライバーです。これらの悩みを解消しようとすると、これまではシャフト交換やカスタムクラブをイチからつくる必要があったのですが、今回のクラブは、それを完成品として提供しているところに価値があると思います」

寛容性5点◎も操作性3.5点△もあり【総合評価4.3点】

エピック MAX FAST ドライバーを筒康博が試打「ターゲットはアイアンより狭め」

【飛距離】4.5
【打 感】4.5
【寛容性】5.0
【操作性】3.5
【構えやすさ】4.0

・ロフト角:10.5度
・シャフト:スピーダー エボリューション for Callaway(硬さS)
・使用ボール:川口グリーンゴルフ専用レンジボール

取材協力/トラックマンジャパン株式会社、川口グリーンゴルフ

記事特別提供/GDOギア情報「クラブ試打 三者三様」

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
筒 康博

筒 康博

FITTING編集長

プロアマ・男女問わず、8万人以上のゴルファーにアドバイスを経験。GDO「クラブ試打・三者三様」、日刊スポーツWEBコラム「ゴルフ体験主義」、ALBA誌「新・ギア総研」など各種ゴルフメディア等で数多く連載&露出。インドアゴルフレンジKz亀戸店ヘッドティーチャー。「FITTING」編集長。

  1. 新『TSR』ドライバーで完全優勝!「ジョンディアクラシック」を制したJ.T.ポストンのクラブセッティング

  2. しなやかな振り心地を追求した フラッグシップブランド Diamana™の最新モデル『Diamana GT』シリーズ【9月上旬発売決定】

  3. シャンクを防ぐネックの形状と大きめフェイスの安心感で、やさしくピンに寄る機能的ウェッジ。「 MAJESTY W-MOMENT WEDGE for Ladies」レディスモデルが登場 【7/22発売予定】

ARCHIVE

RECOMMEND

CATEGORY

RELATED

PAGE TOP