ゴルフフィッティングマガジン

ギアレビュー

テーラーメイド MG3 ウェッジを筒康博が試打「ヒールの存在感が強い」

GDOギア情報「クラブ試打 三者三様」

100人いれば100通りの答えがある――。
注目の最新ゴルフクラブをヘッドスピードが異なる3人の有識者に試打評価してもらう当チャンネル。ミスショットも余すところなくお送りするノーカットが信条のリアル試打コーナー。スイングタイプで異なるレビュー内容、三者三様のインプレッションを基本展開とし、ゲスト試打者にも登場していただく。

テーラーメイド「MG3 ウェッジ」2021/09/13発売
ローフェーステクノロジーと新たなグルーブデザインにより、スピン性能がアップ。2つのソール形状とヘッドカラーから選べる新ミルドグラインドウェッジ。

テーラーメイド「MG3 ウェッジ」の評価は!?

ダスティン・ジョンソン、ロリー・マキロイ、コリン・モリカワらが使用するテーラーメイド「ミルドグラインド(MG)」シリーズ。最新版「ミルドグラインド 3 ウェッジ(以下MG3)」は、「アジアアマ」を制した中島啓太(日体大)が「パナソニックオープン」直前に差し替え、アマチュア優勝を果たしたことで話題となった。そんな実力者がこぞって愛用するウェッジを、ヘッドスピード(以下HS)の異なる有識者3人が採点。ご意見番クラブフィッター・筒康博の評価は?

「好き嫌いがはっきり分かれる形状」

テーラーメイド MG3 ウェッジを筒康博が試打「ヒールの存在感が強い」 弾道の結果はイメージ通りで それほど悪い部分はなかったが…

弾道の結果はイメージ通りで それほど悪い部分はなかったが…

―率直な印象は?
「ここ最近、トウ側の高い=ヒール側の低いモデルが主流となっています。同社『ハイ・トウ ロウ ウェッジ』もそうですが、トウの高いモデルが多い中で、この『MG3』はあえて逆行している造り。“ハイヒール”と言ってよいほど、ヒール側の高さを強調した形状となっています」

テーラーメイド MG3 ウェッジを筒康博が試打「ヒールの存在感が強い」 ツアーモデルらしい精悍な顔立ち ややヒール側が高めに見える

ツアーモデルらしい精悍な顔立ち ややヒール側が高めに見える

―ヒールの高さを強調した造り…?
「はい。アドレスした際に上から見ると、フェースのヒール側の存在感がすごく強く感じます。懐(ふところ)と呼ばれる部分が、すごく高く見えることで、ボールをどこにセットすればいいのか迷ってしまう人が多いような気がしました。正直、好き嫌いが分かれる部分と言えます」

テーラーメイド MG3 ウェッジを筒康博が試打「ヒールの存在感が強い」 一本一本に精密なソールグラインドが施された「ミルドグラインドソール」

一本一本に精密なソールグラインドが施された「ミルドグラインドソール」

―ハイヒールにした意図は?
「同社が、並行モデル『ハイ・トウ ロウ ウェッジ』と明確に住み分けしたかったのだと思います。私はヒール側の低い=いわゆる洋顔のシルエットに慣れているせいか、構えにくく感じてしまいましたが、フェースの開閉を抑えたり、トウ側でボールを操作したい人には向いているのかもしれません。どちらにしても、多くの他モデルとは異質で特別枠と言えます。つながりで言っても、アイアンの『P』シリーズとも異なり、ウェッジのみに特化した独特の形状に仕上がっています」

テーラーメイド MG3 ウェッジを筒康博が試打「ヒールの存在感が強い」 バックフェースのデザインはシンプルに 「MG3」ロゴはヒール側に移動

バックフェースのデザインはシンプルに 「MG3」ロゴはヒール側に移動

―前作「ミルドグラインド 2 ウェッジ(以下MG2)」と比べてどう?
「オーソドックスな形状の『MG2』のほうが、構えやすく感じます。また『MG2』と比べて、フェースプログレッション(FP値:シャフトからフェース下部の刃までの距離)が小さく、フェースの向きが把握しにくい。元々ウェッジは、リーディングエッジ(フェース下部の刃)が丸くできているためターゲットに合わせにくいのですが、それ以上に困難に感じてしまいました」

テーラーメイド MG3 ウェッジを筒康博が試打「ヒールの存在感が強い」 フェースに搭載されたバー状の突起「レイズドマイクロリブ」

フェースに搭載されたバー状の突起「レイズドマイクロリブ」

―スピン性能は?
「スピンはよく効いていると思います。『MG2』と同じノンメッキで、イメージ以上にスピン量は多く、ソールの抜けも良い。思い通りにスピンコントロールができる感覚を味わえます。他社モデルで言うと、キャロウェイ『JAWS ウェッジ』に匹敵する性能の高さ。大手メーカーでスピンがかかる代表格といえば、この2モデルと言えるのではないでしょうか」

テーラーメイド MG3 ウェッジを筒康博が試打「ヒールの存在感が強い」 「構えにくさは否めないが スピン性能とソールの抜けは文句なし」と筒

「構えにくさは否めないが スピン性能とソールの抜けは文句なし」と筒

―どのような人向き?
「基本的にフェースを開かないで使う人。また、ハンドファースト気味に構えて、ボールをトウ側に置く人向きと言えます。ハンドファーストに構える人は、リーディングエッジが地面に着くケースが多い分、ヒール側が低いと、どうしてもソールが邪魔になる。ヒール側が高く、しかもソールの抜けがいい『MG3』であれば、入射角が鋭くてダフリのミスの多い人こそ、恩恵を受けやすい気がします」

構えやすさ3点△ 抜け感5点◎【総合評価4.2点】

テーラーメイド MG3 ウェッジを筒康博が試打「ヒールの存在感が強い」

【スピン性能】4.5
【打 感】4.0
【抜け感】5.0
【バンカー対応力】4.5
【構えやすさ】3.0

・ロフト角:52度、56度(どちらもSB=スタンダードバウンス)
・シャフト:ダイナミックゴールド 120(硬さS200)
・使用ボール:川口グリーンゴルフ専用レンジボール

取材協力/トラックマンジャパン株式会社、川口グリーンゴルフ

記事特別提供/GDOギア情報「クラブ試打 三者三様」

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
筒 康博

筒 康博

FITTING編集長

プロアマ・男女問わず、8万人以上のゴルファーにアドバイスを経験。GDO「クラブ試打・三者三様」、日刊スポーツWEBコラム「ゴルフ体験主義」、ALBA誌「新・ギア総研」など各種ゴルフメディア等で数多く連載&露出。インドアゴルフレンジKz亀戸店ヘッドティーチャー。「FITTING」編集長。

  1. TecTecTec!ブランド初となる練習器具 ゴルフ専用スマホスタンド 「Practice View」 発売

  2. タイトリスト・ブランドアンバサダーが「全米プロゴルフ選手権2022」ワンツーフィニッシュ!〜優勝者:ジャスティン・トーマス、2位:ウィル・ザラトリス選手のクラブセッティング

  3. 西郷真央 ブリヂストンゴルフのボールでツアーで10戦5勝! ~NEW TOUR B X/XSゴルフボール国内女子ツアー12戦9勝~

ARCHIVE

RECOMMEND

CATEGORY

RELATED

PAGE TOP