ゴルフフィッティングマガジン

ギアレビュー

タイトリスト T200 アイアンを筒康博が試打「これまでのTにはない性能」

GDOギア情報「クラブ試打 三者三様」
100人いれば100通りの答えがある――。
注目の最新ゴルフクラブをヘッドスピードが異なる3人の有識者に試打評価してもらう当チャンネル。ミスショットも余すところなくお送りするノーカットが信条のリアル試打コーナー。スイングタイプで異なるレビュー内容、三者三様のインプレッションを基本展開とし、ゲスト試打者にも登場していただく。

タイトリスト「T200 アイアン」2021/09/24発売
ツアープロファイルと革新的テクノロジーを融合した先進のデザインがもたらす、高い飛距離性能。シャープで伝統的なツアープロファイル、さらに高い許容性とボール初速を生み出す先進のデザイン。新開発の高弾性ポリマーをコアに内蔵した構造(マックスインパクト 2.0)で、コンパクトなヘッドながらヘッドの挙動を抑制し、より一貫性ある高い飛距離性能を実現する。

タイトリスト 「T200 アイアン」の評価は!?

タイトリスト「T」シリーズの中でも、最も大きく変化した印象がある「T200 アイアン」。新開発の高弾性ポリマーを使ったテクノロジー「マックスインパクト 2.0」により、シャープで小ぶりな見た目に反して飛距離性能を高め、同社は“上級者向けディスタンスアイアン”と位置づける。そんな今後の主流になり得る先駆的モデルを、ヘッドスピード(以下HS)の異なる有識者3人が採点。ご意見番クラブフィッター・筒康博の評価は?

「ロングアイアンとして単品で入れたくなる」

タイトリスト T200 アイアンを筒康博が試打「これまでのTにはない性能」 軽いドローの強弾道が出ていた 7Iで平均155.6ydをマーク

軽いドローの強弾道が出ていた 7Iで平均155.6ydをマーク

―率直な印象は?
「前作は、『T100 アイアン(2019年)』に以前の『AP2』からのビッグチェンジを感じたのですが、今作は『T100』よりも『T200』の変化を大きく感じます。前作『T200 アイアン(2019年)』との差は明確で、これまでのタイトリストアイアンでは記憶にないほどの変化に衝撃を受けました」

タイトリスト T200 アイアンを筒康博が試打「これまでのTにはない性能」 前作(右)はキャビティ部分があったが今作(左)はマッスルプレート

前作(右)はキャビティ部分があったが今作(左)はマッスルプレート

―記憶にないほどの変化…?
「はい。アドレスしたときの上から見た印象が、『T100』シリーズと同じくらいシンプルでスッキリしているのに、打ってみると中空アイアンのような初速スピードがある。前シリーズのユーティリティ『U500』の要素が加わったような飛び。それでいて複合金属の詰まった打感もある。前作は見た目も飛びも、ある意味キャビティアイアンそのものだったので、この変化はとても大きいです。いままでの同社アイアンにはなかった新しさを感じます」

タイトリスト T200 アイアンを筒康博が試打「これまでのTにはない性能」 トップブレードは「T100」に比べて若干厚みはあるものの印象はほぼ一緒

トップブレードは「T100」に比べて若干厚みはあるものの印象はほぼ一緒

―飛びすぎてしまうことはない?
「それはないです。打ち出し角が低くならないので、ロフト角(7Iで31度)通りに飛んでくれます。『T100』(34度)と比べると半番手以上、私のHSでは『T100S』(32度)とは5~10ydほどしか変わりませんが、1Wで40m/s台後半以上の人ならより大きな差を感じると思います。それでもボールの落下角度と高さが確保されているため、平均HS40m/s前後の私でも飛ばし屋になったような良い錯覚がもてるアイアンです」

タイトリスト T200 アイアンを筒康博が試打「これまでのTにはない性能」 NSプロ 880 AMC(硬さS、重さ94.5~106.5g、トルク2.1度、中元調子)

NSプロ 880 AMC(硬さS、重さ94.5~106.5g、トルク2.1度、中元調子)

―シャフト「NSプロ 880」の印象は?
軽量なのにブレる感じが一切なく、『NSプロ モーダス3』シリーズとは違う独特な味わいを感じます。ユーティリティに近い印象を受けたのも、このシャフトの影響が大きいからかもしれません。それほど軽快な走り感があり、3~4番のロングアイアンで試したくなるセッティングと言えます」

タイトリスト T200 アイアンを筒康博が試打「これまでのTにはない性能」 同社『プロV1』シリーズボールとの組み合わせもおすすめ

同社『プロV1』シリーズボールとの組み合わせもおすすめ

―それでも筒さんは「T100S」派?
「いやー…本気で悩みますね(苦笑)。明確に違いを感じるのは打音くらいでしょうか。『T200』のほうが若干弾いている音がしますが、それもコースでは分からないほどの微小な差。特に『プロV1』のやわらかなツアーボールを使えば、ほとんど分からないレベルです。私が実際に購入を考えるなら、見栄を張ってツアーモデル『T100S』のセットを選び、4、5番で単品の『T200』を数本入れるというセッティングになると思います」

タイトリスト T200 アイアンを筒康博が試打「これまでのTにはない性能」 「5年前では考えつかなかった性能のモデルが次々に各社から発売した」と筒

「5年前では考えつかなかった性能のモデルが次々に各社から発売した」と筒

―どのような人向き?
「あえてユーザーを絞ると、『T100S』とコンビネーションして使いたい人向き。その際に注意するべき点は、シャフトの組み合わせです。同じ純正モデルを使うべきとは思いますが、同じ『NSプロ』でも重量違いで特性が変わるため、下のウェッジと上のウッドシャフトとのバランスも考慮してじっくり選ぶべきでしょう」

総合的にはT100と同点【総合評価4.5点】

タイトリスト T200 アイアンを筒康博が試打「これまでのTにはない性能」

【飛距離】5.0
【打 感】4.5
【寛容性】4.5
【操作性】4.0
【構えやすさ】4.5

・ロフト角:31度(7I)
・シャフト:NSプロ 880 AMC(硬さS)
・使用ボール:川口グリーンゴルフ専用レンジボール

取材協力/トラックマンジャパン株式会社、川口グリーンゴルフ

記事特別提供/GDOギア情報「クラブ試打 三者三様」

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
筒 康博

筒 康博

FITTING編集長

プロアマ・男女問わず、8万人以上のゴルファーにアドバイスを経験。GDO「クラブ試打・三者三様」、日刊スポーツWEBコラム「ゴルフ体験主義」、ALBA誌「新・ギア総研」など各種ゴルフメディア等で数多く連載&露出。インドアゴルフレンジKz亀戸店ヘッドティーチャー。「FITTING」編集長。

  1. GOLFZONアンバサダー契約・堀川 未来夢プロ 国内男子ツアー「日本プロゴルフ選手権」で優勝

  2. ゴルフシューズの常識を打ち破った異次元スパイクレス「コードカオス」が、 さらに破壊的に高い革新性とともにフルモデルチェンジ 「コードカオス22」登場

  3. (株)TSI ALL GOLF BRAND サステナブル展示会 MAGGY さん がエッジの効いた再生ポリエステルのゴルフウェアで登場!「ゴルフは奥深くて、一生続けられるスポーツ」 鈴木啓太さん「100 歳になってもゴルフを楽しめる元気な人を増やしたい!」企業のミッションとサステナブルへの意識を語る

ARCHIVE

RECOMMEND

CATEGORY

RELATED

PAGE TOP