ゴルフフィッティングマガジン

海外メーカー

新時代のゴルフシューズ「TOUR360 22」が、畑岡奈紗選手・森田遥選手らプロゴルファーのプレーを支える。そして若手注目ゴルファー・大西魁斗選手との契約締結

アディダスゴルフは2月10日(木)、スパイクやスパイクレスといった既存の概念を超越し、それぞれが持つベネフィットを両立させた全く新しいジャンルのアウトソール「スパイクモア」を搭載した「TOUR360 22」のレースモデルを、アディダス公式オンラインストア(https://shop.adidas.jp/golf/)やアディダス 公式アプリ(https://shop.adidas.jp/mobileapps/)、および弊社取扱店舗にて発売いたします。また、アディダスゴルフが誇るフラッグシップモデルのイノベーティブな新作の発売にあわせて、若手注目ゴルファー・大西魁斗選手とアパレル・フットウェア・ヘッドウェアの用品契約を締結し、TOUR360 22が大西選手の足元も支えていくことを発表いたします。TOUR360 22は既に、アディダス契約アスリートのダニエル・カン選手が着用してLPGAツアーで1勝を挙げており、選手の成績に貢献しています。今季着用予定のその他アディダス契約アスリートからも、インプレッションが続々届いております。

TOUR360 22 ▶ https://shop.adidas.jp/golf/tour360/

アディダスゴルフ 契約アスリートによるインプレッション

畑岡 奈紗選手
天然皮革が凄く足に馴染んでくれるため、靴の中の窮屈な感じが全くないです。グリップ力がとても高くて、スイング中に思いっきり地面を蹴れる感覚が気に入っています。まさにスパイクとスパイクレスのハイブリッドのようなシューズで、安定感もあって早速1月の試合から支えてくれています。

杉本 エリック選手
新しいTOUR360は、より良い安定感と履きやすさを搭載して戻って来たという印象です。打つときにはタービンがしっかり芝を噛む感触があるのですが、歩いているときはスパイクレスの心地よさがしっかりあって驚かされました

森田 遥選手
歩きやすさと、スイング時の重量感のバランスが良く、これぞ最先端のゴルフシューズだと感じています。地面の設置面積が増えた感覚があるため、安心して振れます!レースと革の感触で程よい遊びがある部分も気に入っています。

岡山 絵里選手
履いたときのソールはスパイクレスのように柔らかく感じるのですが、スイング時にはしっかり芝に食いついてくる感触が良かったです!スパイクは練習場マットだと滑る印象だったのですが、このスパイクモアは吸盤みたいに吸い付く感触でマットでも全く滑りませんでした。

イ・ボミ選手
スパイクレスとスパイクを合体させたような、グリップして履き心地の良いシューズに驚きました!最近はスパイクレスを好んで履いていましたが、これはスパイクレスの良さも持ち合わせているのでコースで履くのが楽しみです。

松田 鈴英選手
斜面や雨の日でも滑らず、今まで以上に地面を掴むグリップ力を感じました。それでも歩く時は快適で、連日続くラウンドでも疲れにくくとても履きやすいです!デザインもadidasらしくとても格好良く大好きです。

大西魁斗選手によるアディダスとの契約に関するコメント および TOUR360 22のインプレッション  

●アディダスとの契約締結について
デザイン性と機能性を兼ね備えたアディダスのアパレル、フットウェアと、試合で最大限のパフォーマンスを引き出してくれる最強の武器が増えました。ワールドワイドなアディダスブランドに肩を並べられるように、まずは1勝目を目指して全力で戦います!

●TOUR360 22について
“スパイクモア”はショットの時はスパイク感覚、歩く時はスパイクレス感覚と、今までに体感したことのないソールで、どんな天候でもコースコンディションでも助けになってくれることを実感します。今季からチームの一員として、アディダスのフットウェアと共に参戦できることが楽しみです!

大西魁斗選手について

1998年10月13日(23歳)千葉県出身
5歳よりゴルフをはじめ、9歳で渡米。アマチュアでの実績を重ね、2021年に南カリフォルニア大学を卒業後プロ転向。
2021年は国内男子ツアーに参戦し、ISPS HANDA ガツーンと飛ばせでは、プロ初年度の最高位となる10 位でトップ10入りを果たす。今季も早速 SMBCシンガポールオープンで予選を通過し40位タイでフィニッシュ。
これからも活躍が大きく期待できる若手の有望選手の一人です。

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
筒 康博

筒 康博

FITTING編集長

プロアマ・男女問わず、8万人以上のゴルファーにアドバイスを経験。GDO「クラブ試打・三者三様」、日刊スポーツWEBコラム「ゴルフ体験主義」、ALBA誌「新・ギア総研」など各種ゴルフメディア等で数多く連載&露出。インドアゴルフレンジKz亀戸店ヘッドティーチャー。「FITTING」編集長。

  1. 新『TSR』ドライバーで完全優勝!「ジョンディアクラシック」を制したJ.T.ポストンのクラブセッティング

  2. しなやかな振り心地を追求した フラッグシップブランド Diamana™の最新モデル『Diamana GT』シリーズ【9月上旬発売決定】

  3. シャンクを防ぐネックの形状と大きめフェイスの安心感で、やさしくピンに寄る機能的ウェッジ。「 MAJESTY W-MOMENT WEDGE for Ladies」レディスモデルが登場 【7/22発売予定】

ARCHIVE

RECOMMEND

CATEGORY

RELATED

PAGE TOP