ゴルフフィッティングマガジン

セッティング

蟬川泰果選手とクラブ用品使用契約を締結 今期は G430LST ドライバーで 350 ヤードを目指す!


ピンゴルフジャパン株式会社(本社:埼玉県戸田市、代表取締役社長:岡田健二)では、2022 年に JGTO ツアー 「パナソニックオープン」「日本オープンゴルフ選手権競技」で優勝し、10 月末にプロ転向をした蟬川泰果選手とクラブ用品 使用契約を締結しました。 蟬川選手は、1 月 12 日から開催される PGA ツアー「ソニーオープン in ハワイ」に参戦の予定です。今後の活躍にご期待ください。

蟬川 泰果(せみかわ たいが)

2001 年 1 月 11 日生まれ 兵庫県出身 1 歳からゴルフを始め、2022 年 9 月「パナソニックオープン」で JGTO ツアー初勝利を飾り、10 月に世界アマチュアゴルフランキング 1 位となり、同月の「日本オープンゴルフ選 手権競技」では、4 日間首位を譲らず 95 年ぶりとなるアマチュア優勝を果たす。10 月 31 日にプロ転向。国内ツアー通算2勝。

飛距離を伸ばしてくれた G30 ドライバー、寄り添うフィッティングが決め手

「PING のクラブとの出会いは、小学 5 年の時、大阪のゴルフショップでフィッティングでし た。その当時は、まだ色々試している中の1つでしたが、中学 3 年の時に G30 ドライバーを使用して、飛距離が 30 ヤード伸びて“こんなに良いクラブがあるんだ!”と驚き、それから現在に至るまで PING のクラブを使用しています。クラブの性能はもちろんですが、 PING のスタッフの皆さんも温かく、フィッティングにおいて自分の意見も尊重してもらいながら、自分に合ったスペックを提案してもらえる安心感も大きかったです。」

G430LST ドライバーは理想的な音と顔

「G430 ドライバーを試したのは、「日本オープンゴルフ選手権競技」の週の月曜日でし た。LST ドライバーの顔の形がすごく好みで、構えた時のイメージの出しやすさが自分に 合っていました。打感、フェース面の喰い付き、縦・横のブレ幅も少なく、ドライバーが長所の自分にとって、さらに自信を持って振れるので、その週の試合で使用し、優勝することが できました。」

目標はプロとして1勝!G430LST ドライバーで 350 ヤードを目指す!

「まずはプロとして1勝を挙げ、JGTO ツアーで賞金王を目指したいです。また海外の試合も出場するので、トップ選手たちと優勝争いできるように頑張りたいです。 また、ドライバーの飛距離もあと 30 ヤード伸ばし、350 ヤードを目指したいです。 応援よろしくお願いいたします。」

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
筒 康博

筒 康博

FITTING編集長

プロアマ・男女問わず、8万人以上のゴルファーにアドバイスを経験。GDO「クラブ試打・三者三様」、日刊スポーツWEBコラム「ゴルフ体験主義」、ALBA誌「新・ギア総研」など各種ゴルフメディア等で数多く連載&露出。インドアゴルフレンジKz亀戸店ヘッドティーチャー。「FITTING」編集長。

  1. NEW「プロV1」ボールにスイッチした初戦で、マックス・ホーマがPGAツアー「ファーマーズインシュランスオープン」優勝!

  2. 【世界数量限定3/3発売】ボーケイ・デザイン「SM9 Jet Black Premium」ウェッジが登場

  3. 世界数量限定【3/3発売】タイトリスト 「T-SERIES ブラック」アイアン登場

ARCHIVE

RECOMMEND

CATEGORY

RELATED

PAGE TOP