ゴルフフィッティングマガジン

海外メーカー

鈴木愛選手がG430 LSTドライバーでツアー通算18勝目を飾る! ブレない飛びのG430 LSTドライバー&FWで自身初のノーボギープレー達成

8月4日~6日に開催された国内女子ツアー「北海道meijiカップ」にて、PING契約の鈴木 愛選手が優勝し、 ツアー通算18勝目を飾りました。
2位と1打差の単独首位で迎えた最終日、G430 LSTドライバ―(9度)と G430 LSTフェアウェイウッド(#3)、G430ハイブリッド(22度、26度)のブレないショットで5バーディ、 ノーボギーの「67」でプレーし、大会レコードタイとなる通算15アンダー、自身初となる3日間ノーボギーで勝利を掴みました。
今大会で鈴木選手は、ドライビングディスタンスとフェアウェイキープ率をポイント換算した2023年JLPGA「トータルドライビング」ランキングで1位に立ちました(8/6現在)。
鈴木選手の今後の活躍に注目です。

鈴木 愛選手コメント

私自身、クラブのこだわりは強くないけれど、G430シリーズがめっちゃ好き。
ドライバー、フェアウェイウッド、ハイブリッド全てが 良い。
方向性、飛距離はもちろん、ハイブリッドはしっかりグリーン上でも止まってくれて、今大会もピンそばにピタっとつくことが多かったです。
クラブの性能を信じることができたから、雨の中でも自信を持って振ることができ、優勝することができました。ファンの皆さんに良い報告ができて良かったです。
後半戦も複数回優勝できるように頑張ります。

 

ARCHIVE

RECOMMEND

CATEGORY

RELATED

PAGE TOP