ゴルフフィッティングマガジン

ギアレビュー

【三者三様】コブラ RADSPEED ドライバーを筒康博が試打「フェース位置に違和感」

GDOギア情報「クラブ試打 三者三様」

100人いれば100通りの答えがある――。注目の最新ゴルフクラブをヘッドスピードが異なる3人の有識者に試打評価してもらう当チャンネル。ミスショットも余すところなくお送りするノーカットが信条のリアル試打コーナー。スイングタイプで異なるレビュー内容、三者三様のインプレッションを基本展開とし、ゲスト試打者にも登場していただく。

コブラ【キング RADSPEED ドライバー】 発売日:2021/04/09

RADIAL WEIGHTING (ラジアルウエイティング) が商品名「RADSPEED」の由来となっており、あらゆるスキルレベルのゴルファーのパフォーマンスを最大限に引き出すことを目的としている。スピードと安定性の究極のブレンドを実現するウエイト配置。ソール前方には、速いホール初速と低スピンを実現するために、24gのウエイトを搭載。(16gの固定ウエイトと前後に調整可能な8gのウエイトを搭載)ソール後方には、安定性を安定性を高めるために、10gのウエイトを搭載している(8gの固定ウェイトと前後に調整可能の2gのウエイトを搭載)。

コブラ「キング RADSPEED ドライバー」の評価は!?

2020年に発売されたコブラ「キング SPEEDZONE ドライバー」に続き、新たな初速スピード性能を搭載した「キング RADSPEED ドライバー」。ソール前後にあるウエイトの距離を戦略的に配置することで、低スピン化を実現し、強い弾きと初速を生む。そんな注目モデルをヘッドスピード(以下HS)の異なる有識者3人が採点。変幻自在に球を操るクラブフィッター・筒康博の評価は?

「フィーリングで選べるアメリカンなモデル」

コブラ RADSPEED ドライバーを筒康博が試打「フェース位置に違和感」 「大体いいショット」と本人も納得の結果であったが…

「大体いいショット」と本人も納得の結果であったが…

―率直な印象は?
「見た目も性能も、日本人向けというよりは、少し大味なアメリカンなモデルというのが率直な感想です。特に気になるのは、アドレス時に上から見た時の印象。マットなクラウンの仕上げに対し、キラキラと艶のあるフェース面の加工があまりにも違いすぎて、フェースが視認しにくく感じました」

コブラ RADSPEED ドライバーを筒康博が試打「フェース位置に違和感」 「RADSPEED(スタンダード)」のみマット仕上げのクラウン

「RADSPEED(スタンダード)」のみマット仕上げのクラウン

―フェースが視認しにくいとは?
「ヘッド全体としてのつながりよりも、クラウンとフェースのそれぞれが主張し過ぎていて、スイング中に感じるフェース面の位置が把握しにくいことです。パーツの境目がハッキリと目に入ることで、実際は数ミリ前のフェース面を意識するべきなのに、その境目を意識して振ってしまう。視覚と感覚のズレによって、違和感を覚えてしまいます」

コブラ RADSPEED ドライバーを筒康博が試打「フェース位置に違和感」 総ウエイト34gのうち24gが前方に寄せられた浅重心ヘッド

総ウエイト34gのうち24gが前方に寄せられた浅重心ヘッド

―前作「SPEEDZONE」と比べてどう?
「同社はこれまでも純正シャフトが結構しっかりしていて、フレックスの表示より硬さがあり、総重量も重め。強振強打の人向けのドライバーという部分は、前作からそのまま引き継いでいます。また打点のミスに強いことも大きな特徴のひとつですが、いま出ている他社モデルと比べると、突出しているとは言い切れない部分があります。特徴的と思っていた要素が、時代とともにそれほど大きく感じられなくなったと思います」

コブラ RADSPEED ドライバーを筒康博が試打「フェース位置に違和感」 固定された16gと前後に調整可能な8gの前方ウエイト(計24g)

固定された16gと前後に調整可能な8gの前方ウエイト(計24g)

―戦略的に配置されたウエイトの効果は感じる?
「新しく搭載されたテクノロジーの効果は、正直それほど明確に感じられませんでした。同社はそもそも、デザインを含む世界観を重視するブランド。ウエイトがどんな性能かよりも、見た目や性能の個性で興味を引くモデルに仕上げてあるのだと思います。そこがコブラの持つユニークさであり、デザインや構えた時の印象、振った時のフィーリングで選ぶべきモデルになっている理由だと思うのです」

コブラ RADSPEED ドライバーを筒康博が試打「フェース位置に違和感」 初級者でも分かりやすい明確な特性に分かれた3機種

初級者でも分かりやすい明確な特性に分かれた3機種

―兄弟モデル「XB」「XD」と比べてどう?
「『XB』『XD』のクラウンは、『RADSPEED(スタンダード)』と違い、艶があるのでフェースとの違和感はありません。ヘッド全体として、ひとつのシルエットで把握できるため、圧倒的に構えやすいです。中でもボールが上がりやすく、つかまりやすいのは『XD』。『XB』は中間の寛容性。それぞれのモデルの投影面積が、そのまま寛容性の高さになっているシンプルな構成です」

コブラ RADSPEED ドライバーを筒康博が試打「フェース位置に違和感」 「他社モデルと比べてXB、XDのほうが違和感は少ない」と筒

「他社モデルと比べてXB、XDのほうが違和感は少ない」と筒

―どのような人向き?
「ゴルフを始めたばかりで、以前は他のスポーツを本格的に経験してきたHSが速い人向き。(フェース位置の)違和感については、いろいろクラブを見てきた私が先入観を持ってしまっただけで、ドライバーを初めて購入する人にとっては、全く違和感はないかもしれません。そういう意味では、3機種の選び方は、特性が見た目そのものなので、クラウンの写真の印象だけで選んでも失敗せず、あえて試打を行わなくても問題なし。まさに初心者向けのドライバーと言えるかもしれません。ただし、パワーは必要と付け加えておきます」

3点が並ぶシビアな点数【総合評価3.2点】

コブラ RADSPEED ドライバーを筒康博が試打「フェース位置に違和感」

【飛距離】4.0
【打 感】3.0
【寛容性】3.0
【操作性】3.0
【構えやすさ】3.0

・ロフト角:10.5度
・シャフト:スピーダー エボリューション for RADSPEED(硬さS)
・使用ボール:リトル・グリーンヴァレー船橋専用レンジボール

取材協力/トラックマンジャパン株式会社、リトル・グリーンヴァレー船橋

記事特別提供/GDOギア情報「クラブ試打 三者三様」

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
筒 康博

筒 康博

FITTING編集長

プロアマ・男女問わず、8万人以上のゴルファーにアドバイスを経験。GDO「クラブ試打・三者三様」、日刊スポーツWEBコラム「ゴルフ体験主義」、ALBA誌「新・ギア総研」など各種ゴルフメディア等で数多く連載&露出。インドアゴルフレンジKz亀戸店ヘッドティーチャー。「FITTING」編集長。

  1. 【10/22発売予定】ゴルフが楽しくなる!フェアウェイウッドを新たな武器に 「maruman SHUTTLE」

  2. 【9/15発売】10モデルから最適な一本を PING 2023 PUTTER

  3. 自由にカスタマイズできる完全削り出しフルオーダーメイド「PLDカスタムパター」がPING直営3店舗でスタート!

ARCHIVE

RECOMMEND

CATEGORY

RELATED

PAGE TOP