ゴルフフィッティングマガジン

ギアレビュー

【三者三様】ミズノ ST-X ドライバーを筒康博が試打「シャフトとの相性△」

GDOギア情報「クラブ試打 三者三様」

100人いれば100通りの答えがある――。注目の最新ゴルフクラブをヘッドスピードが異なる3人の有識者に試打評価してもらう当チャンネル。ミスショットも余すところなくお送りするノーカットが信条のリアル試打コーナー。スイングタイプで異なるレビュー内容、三者三様のインプレッションを基本展開とし、ゲスト試打者にも登場していただく。

ミズノ【ST-X ドライバー】 発売日:2021/03/12

βチタンとカーボンコンポジットの融合「STシリーズ」高初速×低スピン×つかまりの「ST-Xドライバー」は、ボールのつかまりやすさを追求したモデル。ソール部のトウ部に軽量のカーボンパーツ、ヒール部にウエイトビスを配置。重心距離を短くすることで、インパクト時にヘッドが返しやすく、ドローボールを打ちやすい設計を採用している。

ミズノ「ST-X ドライバー」の評価は!?

昨年登場したミズノ「ST200」シリーズに続き、新たにラインアップに加わった「ST-X ドライバー」「ST-Z ドライバー」。中でも、原英莉花や西郷真央らが投入した「ST-X」はつかまりの良い構造で、アベレージゴルファーの強い味方となり得るモデルだ。そんな注目モデルをヘッドスピード(以下HS)の異なる有識者3人が採点。変幻自在に球を操るクラブフィッター・筒康博の評価は?

「カーボン複合構造の進化が味わえる」

ミズノ ST-X ドライバーを筒康博が試打「シャフトとの相性△」 方向はやや右に出ているものの低弾道の強い球が出ていた

方向はやや右に出ているものの低弾道の強い球が出ていた

―率直な印象は?
「これほどカーボンを取り入れたSTシリーズは初めてだと思いますが、カーボン素材のメリットである軽さを取り入れつつ、チタンボディのフィーリングがしっかり伝わります。カーボンのデメリットと考えられていた、こもる打音や鈍く感じてしまう打感を、全く感じさせないドライバーに仕上がっています」

ミズノ ST-X ドライバーを筒康博が試打「シャフトとの相性△」 カーボンパーツをXはトウのみ、Zはトウ・ヒール両方に配置

カーボンパーツをXはトウのみ、Zはトウ・ヒール両方に配置

―ヘッドはどのような特性?
「かなり浅重心です。クラウン後方にカーボンを使い、後方の重量を減らすことで、重心深度を浅く、重心距離を短くしているように感じます。深低重心で高慣性モーメントというイマドキの流れに逆行したモデル。アイアンのようなコンパクトな切れ味を、大きいサイズ感で実現したドライバーという印象です」

ミズノ ST-X ドライバーを筒康博が試打「シャフトとの相性△」 カーボンクラウンにより軽量化することで低重心化を実現

カーボンクラウンにより軽量化することで低重心化を実現

―気になる部分は?
「操作性の高いヘッドと、純正シャフト『M FUSION D』との組み合わせです。『M FUSION D』はクセがなく、素直に全体が大きく動くため、どちらかと言えば高慣性モーメントヘッドに合う。実は今回比較した『ST-Z』の純正シャフト『ツアーAD GM-200 D』のほうが、動きは少量で操作性に富んでいるため、『ST-X』のヘッドに合うように思います」

ミズノ ST-X ドライバーを筒康博が試打「シャフトとの相性△」 たわみ量を増大させて初速アップを図った「WAVEテクノロジーソール」

たわみ量を増大させて初速アップを図った「WAVEテクノロジーソール」

―「ST200」「ST200X」と比べてどう?
「『ST-X』『ST-Z』、そして1年前に発売された『ST200』『ST200X』は、どちらも似たもの同士の2組。よく見ればウエイトの位置や見た目も違うのですが、パッと見た印象ではほとんど差が分かりません。形も特性も似ていて、打った結果も似ている。明確な差がないことがメリットでもあり、どちらを選んでいいかで迷ってしまうデメリットにもなる。だからこそ、シャフトとの組み合わせで、大きく評価が分かれてしまうわけです」

ミズノ ST-X ドライバーを筒康博が試打「シャフトとの相性△」 上「20 MFUSION D」下「ツアーAD GM-200 D」特性の異なる純正シャフト

上「20 MFUSION D」下「ツアーAD GM-200 D」特性の異なる純正シャフト

―フィッティングの要素を感じますね?
「そうですね。メーカーとしてのコンセプトだと思いますが、フィッティングブランドという強みを生かした商品展開の表れだと言えます。ただ、他社は純正シャフトとの組み合わせを向上させる流れに着手しています。特にカーボンの占有率が高まる一方で、ヘッド単体ではなく、クラブとしての完成度を高める流れが一気に加速している印象。あえてカスタマイズの方向に進んでいるとは思いますが、世界から取り残されてしまう心配をしてしまうのは、私だけではない気がします」

ミズノ ST-X ドライバーを筒康博が試打「シャフトとの相性△」 「XもZもどちらも浅重心で重心角は小さめ」と筒

「XもZもどちらも浅重心で重心角は小さめ」と筒

―どのような人向き?
「同社のアイアンを現在使用している、または同社のアイアンでゴルフを始めた人向き。『JPX』や『MP』といった同社製アイアンを使っている流れで、ドライバーも同じメーカーを使ってみたいと思っているゴルファー。アイアンショットの切れ味を、そのままドライバーでも体感したい同社ファンに、ぜひ使ってもらいたいモデルです」

3点台が並ぶ結果に…【総合評価3.3点】

ミズノ ST-X ドライバーを筒康博が試打「シャフトとの相性△」

【飛距離】4.0
【打 感】3.5
【寛容性】3.0
【操作性】3.0
【構えやすさ】3.0

・ロフト角:10.5度
・シャフト:20 MFUSION D(硬さS)
・使用ボール:リトル・グリーンヴァレー船橋専用レンジボール

取材協力/トラックマンジャパン株式会社、リトル・グリーンヴァレー船橋

記事特別提供/GDOギア情報「クラブ試打 三者三様」

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
筒 康博

筒 康博

FITTING編集長

プロアマ・男女問わず、8万人以上のゴルファーにアドバイスを経験。GDO「クラブ試打・三者三様」、日刊スポーツWEBコラム「ゴルフ体験主義」、ALBA誌「新・ギア総研」など各種ゴルフメディア等で数多く連載&露出。インドアゴルフレンジKz亀戸店ヘッドティーチャー。「FITTING」編集長。

  1. GOLFZONアンバサダー契約・堀川 未来夢プロ 国内男子ツアー「日本プロゴルフ選手権」で優勝

  2. ゴルフシューズの常識を打ち破った異次元スパイクレス「コードカオス」が、 さらに破壊的に高い革新性とともにフルモデルチェンジ 「コードカオス22」登場

  3. (株)TSI ALL GOLF BRAND サステナブル展示会 MAGGY さん がエッジの効いた再生ポリエステルのゴルフウェアで登場!「ゴルフは奥深くて、一生続けられるスポーツ」 鈴木啓太さん「100 歳になってもゴルフを楽しめる元気な人を増やしたい!」企業のミッションとサステナブルへの意識を語る

ARCHIVE

RECOMMEND

CATEGORY

RELATED

PAGE TOP