ゴルフフィッティングマガジン

ギアレビュー

【三者三様】エピック SPEED フェアウェイウッドを筒康博が試打「1Wに比べて軽い」

GDOギア情報「クラブ試打 三者三様」

100人いれば100通りの答えがある――。注目の最新ゴルフクラブをヘッドスピードが異なる3人の有識者に試打評価してもらう当チャンネル。ミスショットも余すところなくお送りするノーカットが信条のリアル試打コーナー。スイングタイプで異なるレビュー内容、三者三様のインプレッションを基本展開とし、ゲスト試打者にも登場していただく。

キャロウェイ【エピック SPEED フェアウェイウッド】 発売日:2021/02/19

フェースにはAIがモデル別、番手別設計したFLASHフェースSS21を採用。高初速エリアが大幅に拡大し、ドライバー並みの驚異的な反発性能に仕上がっている。さらにAIが初めてJAILEBREAK テクノロジーの設計も担当。生み出されたJAILBREAK AI ベロシティブレード テクノロジーによって、フェースカップはしっかりとたわみやすくなり、インパクトの力がより無駄なくボールに伝わるようになった。

キャロウェイ「エピック SPEED フェアウェイウッド」の評価は!?

石川遼が前作より+13.2ydの飛びを記録した「エピック SPEED フェアウェイウッド(以下FW)」。フェース裏の2本の柱「ジェイルブレイクテクノロジー」をAIにより設計したことで、ヘッドがたわみやすく、インパクトの力をより無駄なくボールに伝えることができるという。そんな注目のFWを、ヘッドスピード(以下HS)の異なる有識者3人が採点。変幻自在に球を操るクラブフィッター・筒康博の評価は?

「ヘッド性能は文句なし! 唯一の欠点は軽さ」

エピック SPEED フェアウェイウッドを筒康博が試打「1Wに比べて軽い」 弾道は低いものの他2人と同じようにドローで方向性は良かった

弾道は低いものの他2人と同じようにドローで方向性は良かった

―率直な印象は?
「同シリーズの『エピック SPEED ドライバー』と同じく、飛距離性能の高い3Wという印象を受けました。ヘッドとしての性能はすごく高く感じます。ただ、ドライバーがちょうど良かった人からすると、シャフトが全く同じモデルなので、FWとしては軽く感じてしまうデメリットが考えられます」

エピック SPEED フェアウェイウッドを筒康博が試打「1Wに比べて軽い」 ソール前方に7gのウエイトを装着した浅重心設計

ソール前方に7gのウエイトを装着した浅重心設計

―軽く感じてしまうデメリット…?
「はい。デメリットと言っても、ヘッド性能の高さは申し分ないという前提で、あくまで唯一の欠点として挙げさせていただきます。気になったのは、純正シャフトで50g台の『ディアマナ 50 for Callaway』が、長さは違えど同じ種類という点。ドライバーがマッチした人で、同じモデルでFWを合わせた時に、振り心地が軽く感じてしまう。60g台の『スピーダー エボリューションVII FW 60』やカスタム用シャフトも視野に入れて、購入するとベストだと思います」

エピック SPEED フェアウェイウッドを筒康博が試打「1Wに比べて軽い」 重さ:約49g、クラブ重さ:約318g、トルク:5.2、中調子 ※全て硬さSの場合

重さ:約49g、クラブ重さ:約318g、トルク:5.2、中調子 ※全て硬さSの場合

―ヘッド性能については申し分ない?
「はい、全く申し分ありません。ヘッド性能については、同社FWの中でも一番飛びを感じると言っても過言ではないからです。特にトップのミスをした時の飛距離ロスが少ない。私はFWを使う時、ダフリたくはないという気持ちから、フェース面の下側で打つクセがあるのですが、それでもボール初速が落ちない。しっかり距離を作ってくれるという点で、とても心強く感じました」

エピック SPEED フェアウェイウッドを筒康博が試打「1Wに比べて軽い」 今作はエピックとして三代目(左)、初代GBB(右)、二代目はエピックフラッシュ

今作はエピックとして三代目(左)、初代GBB(右)、二代目はエピックフラッシュ

―『GBB エピック スター FW』と比べてどう?
「あえて『エピック』初代モデルと打ち比べましたが、明らかにフェース下部でヒットした時の“カバー力(りょく)”が上がっています。一番下のスコアラインに当てた時に、『スター』と比べて圧倒的にボールが前に飛びました。ティショットも重要ですが、実際に芝の上から打つことを考慮して、進化していることが伝わります」

エピック SPEED フェアウェイウッドを筒康博が試打「1Wに比べて軽い」 高強度素材「マレージング鋼C300」を鍛造したフェースカップ構造

高強度素材「マレージング鋼C300」を鍛造したフェースカップ構造

―やはり石川遼選手の+13.2ydもうなずける?
「正直、プロとアマチュアのFWの捉え方は違うと言えます。プロにとっては3Wの飛距離アップが必要と思うのですが、アマにとってFWは使用頻度が少なく、リスキーなクラブ。一番念頭に置かなければならないのは、飛ぶかどうかよりも、当たるかどうか。多少のミスでも前に飛んでくれるか否かが、FW選びには最重要ポイントとなります。その要件を満たしてくれるのが、今作の完成度ではないかと思います」

エピック SPEED フェアウェイウッドを筒康博が試打「1Wに比べて軽い」 「初速のスピード感から明らかに飛びを感じる」と筒

「初速のスピード感から明らかに飛びを感じる」と筒

―どのような人向き?
「ミスヒットに対する寛容性、芝からのボールの拾いやすさから、オールマイティに全ての項目で万能性を発揮するFWだと思います。FWに苦手意識を持っている人に、ぜひトライしてもらいたいです。しかも最新テクノロジーをFWにも求めている人には、テーラーメイドの『SIM2 MAX FW』と合わせて、購入を検討してみることをおすすめします」

全項目4点台の高評価【総合評価4.1点】

エピック SPEED フェアウェイウッドを筒康博が試打「1Wに比べて軽い」

【飛距離】4.5
【打 感】4.0
【寛容性】4.0
【操作性】4.0
【構えやすさ】4.0

・ロフト角:15度(3W)
・シャフト:ディアマナ 50 for Callaway(硬さS)
・使用ボール:リトル・グリーンヴァレー船橋専用レンジボール

取材協力/トラックマンジャパン株式会社、リトル・グリーンヴァレー船橋

記事特別提供/GDOギア情報「クラブ試打 三者三様」

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
筒 康博

筒 康博

FITTING編集長

プロアマ・男女問わず、8万人以上のゴルファーにアドバイスを経験。GDO「クラブ試打・三者三様」、日刊スポーツWEBコラム「ゴルフ体験主義」、ALBA誌「新・ギア総研」など各種ゴルフメディア等で数多く連載&露出。インドアゴルフレンジKz亀戸店ヘッドティーチャー。「FITTING」編集長。

  1. GOLFZONアンバサダー契約・堀川 未来夢プロ 国内男子ツアー「日本プロゴルフ選手権」で優勝

  2. ゴルフシューズの常識を打ち破った異次元スパイクレス「コードカオス」が、 さらに破壊的に高い革新性とともにフルモデルチェンジ 「コードカオス22」登場

  3. (株)TSI ALL GOLF BRAND サステナブル展示会 MAGGY さん がエッジの効いた再生ポリエステルのゴルフウェアで登場!「ゴルフは奥深くて、一生続けられるスポーツ」 鈴木啓太さん「100 歳になってもゴルフを楽しめる元気な人を増やしたい!」企業のミッションとサステナブルへの意識を語る

ARCHIVE

RECOMMEND

CATEGORY

RELATED

PAGE TOP